fc2ブログ

おれと一騎!

管理人近況と梶原一騎(高森朝雄)先生の原作漫画の全作読破への活動の備忘録ブログ

読破のために・その3

 『劇画王 梶原一騎評伝』『「梶原一騎」をよむ』『マンガ地獄変』。これら3誌に載せられた作品年表を基にリスト作成に着手を開始しました。
 (オフィシャルな解釈として週刊少年誌に)『チャンピオン太(画・吉田竜夫)』で原作者デビューをした1962年から、遺作『男の星座(画・原田久仁信)』が書かれた1987年までノート1頁に1作を記入し、漫画家、掲載誌、掲載期間、単行本巻数等のデータを書きます。まず1冊目の年表で作成した後、別の年表を重ねて情報を補完していく方法で進める訳ですが、そこで前の年表にはない作品を見つけ加えていく分には作業は楽。が、困るのは同一タイトルで漫画家や掲載誌、連載年度が異なるなどの各冊で統一されていない情報を見つけた場合です。メジャーな作品なら“それは違う!”と断定できるが初めて知るタイトルも多く、その問題を解決する為には結局自身で答えを導きだすしかない!という結論に達しました。ではどうやって…?Aという作品の掲載誌が、少年●●・少年××・少年△△と各冊で情報が異なれば、その雑誌の各1年分の確認をすれば良い訳だが、古書店にある雑誌の表紙を見て調べるには、号が欠けてる場合もあり手間。早稲田の漫画図書館は1冊読む毎に料金がかかりコスト面に問題あり。最終的に入館無料・貸し出し無料の施設・国会図書館で調べる事になったのです。
 また時を同じくして、通いなれた古書店で通販を目的とした目録を入手したり、懐かし漫画を特集したサブカル雑誌を買ったりと、次第に増え続ける情報の補完と検証を重ね、私の作品データリストは精度を増していったのです。そして1998年!私はそのデータを基にホームページを作ることを決意したのです!
(次回 新章突入!“ネットの章”ホームページ開設・その1に続く)







スポンサーサイト




始動の章 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ホームページ開設・その1 | ホーム | 読破のために・その2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |