fc2ブログ

おれと一騎!

管理人近況と梶原一騎(高森朝雄)先生の原作漫画の全作読破への活動の備忘録ブログ

管理人つぶやき

昨日は母の日。ということでSNSにアップした画像をこちらにもアップ。

またまた更新に間が空いてしまいました。

前回から今回の更新の間にも、梶原作品関連情報が飛び交ってましたね。
新しいものとしては
●「ふりそで剣士」復刻…予定…か?
●TVドラマ「柔道一直線」DVDが二枚組単品で全8巻で再販決定。
直近になるものは
☆舞台「あしたのジョー」5/25より上演開始
☆私事ですが…5/11「昭和40年男」発売

そして!……そして……!!
6/4にあるお知らせがあります!!!!

↑ネタのためにだけ作ったノートでなく、本当にお知らせに関することに使用しているノートです。

こちらについては、今しばらくお待ちのほどを(^_^)ノ
番外編の章 | コメント:0 | トラックバック:0 |

梶原Jr.4カード!

 先日、友人のご好意により梶原先生のご子息である城さん(長男)、一誓さん(次男)との会食に同席させていただきました!お二方とは過去にイベントの場で挨拶の言葉を交わしただけなので、ちょっと面識がある程度でした。嬉しい気持ちを“天にも昇る”と例えられますが、会食の店に向かう高層ビルのエレベーターで新宿の夜景を眺めながら感じた高揚感はまさしくその例えそのものでした。
 当日は仕事があり1時間ほど遅れての合流。今回は私はあくまで立会人の立場(友人とお二方は今日が初対面)なので、これまでの話の流れを聞かせていただいた後は半歩下がって聞き役な感じで3人のやり取りを見ていました。でもせっかくの機会なので時折は口を挟みつつ、マニアックなトークをしてしまいました(汗)

 城さんはとてもソフトな語り口で話される方で、でも弱々しいというのではなく“しなやかな”雰囲気という感じです。一誓さんは(その前のネット配信番組で司会者が指摘してた通り)梶原先生に話し方が似ていて、口の中から言葉がひねり出てくる感じというか…。そして低く重い声質な方でした。主に先頭に立ち会食の場のホスト的な役割の城さん、相手方(僕ら)の食事や飲み物に気を配りながら店の人に指示をする一誓さん、双方がそれぞれの役割をこなす好対照な二人。梶原一騎記念館構想の話の途中で、どのような状態で存在するべきか意見が分かれた時があって、その際に互いの意見を分析して討論する姿にちょっと熱いものがこみ上げてきました。まだ確たるものがある訳ではないのですが、こうして後を継ぐ人達が考え行動してるのを目の当りにしている事実がファンの1人にとっては嬉しいのです。

 用事があり会食に最後までいることが出来なかったのが心残りでしたが、私にとっては記念すべき夜となりました。
これで三男・誠樹さん、長女の花実さん、そして城さん、一誓さんと梶原先生のご子息5人のうち4人まで会える(&しっかりお話ができる)なんて…サイトを立ち上げた頃に行けるならその頃の自分にそっと教えてあげたい気持ちです。 


↑名刺はそれぞれにデザインが異なっている。
裏面には私がセレクトした『巨人の星』の名台詞が印刷されています。


番外編の章 | コメント:6 | トラックバック:0 |

最新情報をいくつか

1)3/30日発売。初回&最終回や魔球登場編などツボを抑えた収録作や読み物も充実していますね。


2)同日19時よりdommuneというストリーミングラジオで“梶原一騎生誕80周年/高森篤子一周忌メモリアル『マンガ地獄変』20周年記念「いまだ知られざる梶原一騎の作家と作品とは?」”が放送されるようです。司会に宇田川岳夫さん、出演に吉田豪&植地毅さん、そしてスペシャルゲストとして一騎センセのご長男・高森城さんと次男・一誓さんが登場!


番外編の章 | コメント:0 | トラックバック:0 |

聖日出夫先生の訃報

SNS上では数日前から流れていたのですが、正式な発表が出るまでは控えていました。
しかし今週月曜の新聞で訃報が掲載されたので書くことにします。

3月10日に漫画家の聖日出夫先生が胃がんのため亡くなられました。
ネット上でも代表作として「なぜか笑介」や昔懐かしの「試験あらし」「生徒ドンマイ」などが挙げられていたのですが、梶原先生とも一度コンビを組んでいたことがありました。
↓1970年から71年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた『人生二勝一敗』です。



奇しくも『人生二勝一敗』は聖先生の代表作であるビジネス漫画の先駆け的なストーリーなのですが現在に至るまで未単行本化作品なのです。このサイト開設当初まだ未読だった私は例の(笑)国会図書館に通いつめて全話読破したばかりでなく、こんなページも作ってしまったほどです。

http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/oe/jinsei/02index.html


↑連載当時の少年ジャンプのグラビアページより。

最後になりますが、聖日出夫先生のご冥福を祈ります。


番外編の章 | コメント:0 | トラックバック:0 |

原作原稿

昨日シェアした梶原先生のご子息の投稿に刺激されて蔵書から引っ張りだしてみた。

直筆原稿が商品化された唯一の本といえば、『愛と誠』の原作原稿が(ほぼ)まとめられたコレ。価格は25,000円!





そして当時その現物が発掘されたことがNHKのニュースにもなった『あしたのジョー』の原作原稿。こちらは展示された後パチンコイベントの販促品となったり(今回の画像)、ちばてつや氏の特集ムック本にも掲載されました。








番外編の章 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>